トレイルランニングでの効率的な水分補給

トレイルランニングでは、当然ですが定期的な水分補給は必要不可欠です。

夏はもちろん、冬でもしっかりと汗はかいていますから、時期に関わらず水分はしっかりと補給するようにしましょう。

さて、水分補給をする際には、デイバッグにペットボトルを入れておき、そこから取り出して飲む方法もあります。

ただ、休憩中ならいいのですが、ちょっと水分を補給するために、わざわざ足を止めてリュックから取り出すのは面倒です。

まして、自分一人で走っているならまだしも、誰かと一緒に走っている場合などは、いちいち足を止めると迷惑をかけてしまいます。

ですから、できることなら足を止めることなく水分補給をしたいところです。

そんな時には、ハイドレーションシステムを活用するのがいいでしょう。

多くのデイバッグにはボトルタンクが設置されているので、そこに飲料水を溜めておき、ストローのようなホースで繋げることができるのです。

これをハイドレーションシステムというのですが、これなら止まることなく常時水分を補給することができるのです。

タンクへの補給もスムーズに行えるので、凄く便利なシステムだと言えます。

くれぐれも、ペットボトルを手に持って走るような行為は控えるようにしましょう。

山道は非常に不安定ですから、急にバランスを崩した時などに、片手がふさがっていると大事故に繋がる恐れがあるのです。

また、補給する水分に関しても、水ではなくスポーツ飲料などを選ぶようにしましょう。

汗をかくと塩分が不足するので、水だけでは十分な水分補給にならないので、必ず塩分が含まれている飲料水を補給するようにしましょう。