Category Archives: 初めての方へ

走る前の装備は必須アイテム

トレイルランニングも、あくまで山登りであることに変わりはないので、登山と同じように装備をしっかりと整えないといけません。

むしろ山を走ることから、登山以上に入念に準備しておくようにしましょう。

まず、たとえ短時間の場合であっても、デイバックはちゃんと持っていくようにしましょう。

食料や飲み物はもちろん、冬であれば衣類も用意しておくようにしましょう。

また、山は天気が崩れやすいこともあるので、ある程度長い時間走るつもりなのであれば、防水用のウィンドブレーカーも用意しておくのが望ましいです。

そして、遭難してしまった時のために、ライトと地図とコンパス、もちろん携帯電話も充電が十分の状態で持っていくようにしましょう。

また、何か起こった時のために、保険の加入もしておくべきだと言えます。

あとは、怪我をしてしまった時に備え、救急用のアイテムも用意しておくと安心です。

初心者だからこそ、万全の状態でトレイルランニングを行うことが大事なのです。

ただ、あまり荷物が多すぎても、走る時の負担も大きくなってしまうので、必要な物はしっかりと準備しつつ、なるべくコンパクトに抑えるようにしましょう。

トレイルランニングでの効率的な水分補給

トレイルランニングでは、当然ですが定期的な水分補給は必要不可欠です。

夏はもちろん、冬でもしっかりと汗はかいていますから、時期に関わらず水分はしっかりと補給するようにしましょう。

さて、水分補給をする際には、デイバッグにペットボトルを入れておき、そこから取り出して飲む方法もあります。

ただ、休憩中ならいいのですが、ちょっと水分を補給するために、わざわざ足を止めてリュックから取り出すのは面倒です。

まして、自分一人で走っているならまだしも、誰かと一緒に走っている場合などは、いちいち足を止めると迷惑をかけてしまいます。

ですから、できることなら足を止めることなく水分補給をしたいところです。

そんな時には、ハイドレーションシステムを活用するのがいいでしょう。

多くのデイバッグにはボトルタンクが設置されているので、そこに飲料水を溜めておき、ストローのようなホースで繋げることができるのです。

これをハイドレーションシステムというのですが、これなら止まることなく常時水分を補給することができるのです。

タンクへの補給もスムーズに行えるので、凄く便利なシステムだと言えます。

くれぐれも、ペットボトルを手に持って走るような行為は控えるようにしましょう。

山道は非常に不安定ですから、急にバランスを崩した時などに、片手がふさがっていると大事故に繋がる恐れがあるのです。

また、補給する水分に関しても、水ではなくスポーツ飲料などを選ぶようにしましょう。

汗をかくと塩分が不足するので、水だけでは十分な水分補給にならないので、必ず塩分が含まれている飲料水を補給するようにしましょう。

最初から無理なトレイルランニングはやらない

初心者が注意すべきこととして、最初から無理なトレイルランニングはやらないようにしましょう。

特に、トレイルランニングは初めてでも、体力の自信がある人や、登山経験が豊富な人などは、いきなり難所コースで走ったり、長時間ランニングしたりする傾向にあるのです。

しかし、トレイルランニングは体力自慢の人でも、登山の経験がどれだけあっても、決して無理は禁物だと言えるのです。

最悪の場合、命の危険まで生じる可能性があるので、絶対に初心者は走りやすい場所で、短い時間から始めるようにしましょう。

そもそもトレイルランニングというのは、もちろん体力もそれなりに必要ではありますが、それ以上に走るペースを掴んで、できるだけ体力のロスを少なくするテクニックが重要となるのです。

したがって、あまり体力に自信がない人や、マラソンは凄く苦手だという人でも、トレイルランニングは得意だという人は結構多いのです。

走るという点では共通していますが、全く違う競技だと言えるのです。

いずれにしても、初心者の人は自分ができそうだと思う距離の、6割から7割程度に抑えて走るようにしましょう。

そして、もし余裕があると思ったらなら、次からはもう少し距離を伸ばせばいいのです。

トレイルランニングを行うペース配分

トレイルランニングは、1回で結構な体力を消耗しますし、体への負担もそれなりに大きいです。

もちろん、1回でどれぐらい走るかにもよりますが、ジョギングように毎日できる競技ではありません。

そもそも、すぐ近くに走れるような山があればいいですが、都市部に住んでいれば走る場所へ行くだけでも時間がかかります。

休日でないと走るのが難しいわけですから、どちらにしても頻繁に走れるわけではないのです。

トレイルランニングを行うペースですが、ある程度本格的に取り組んでいる人であれば、半月に1回ぐらいのペースで走っている人が多いです。

もっと多い人であれば、週末のたびに走る人もいたりします。

趣味として取り組んでいるような人は、月に1回ぐらいのペースで走るケースが多いかと思います。

そのような人は、いろんな山に行って走ったりするので、旅行も兼ねて行うこともあります。

もちろん、走るだけがトレーニングではないので、ジムに通って鍛えたり、坂道をジョギングしたりして下半身を強化するなど、トレーニング自体は毎日のように行っている人もいます。

いずれにしても、初心者は決して無理なペースでは走らないように注意して、自分のペースで無理なく取り組むようにしましょう。

むろん、今後より本格的に取り組んでいき、大会出場などを目指すのであれば、徐々にペースを上げる必要がありますが、それでも自分にできる範囲で取り組むことが大事なのです。